H2Oスチームユニオン FX

H2OスチームユニオンはFXと何が違うの?

H2Oスチームユニオンは世界中で累計販売台数1200万台を売り上げた実績のあるスチームクリーナーです。旧モデルはH2OスチームFXというモデルになるのですが、そちらと比較してどういった点が違っているのでしょうか。

 

まず、H2OスチームユニオンとH2OスチームFXの共通している点ですが、どちらもハンディタイプのスチームクリーナーとなっていて、コンパクトでありながらハイパワーの噴射をして掃除することができます。また、除菌・消臭率は99%となっていて、汚れを落とすだけでなく菌や臭いなども綺麗にしてくれます。

 

基本的なことに関しては旧モデルのH2OスチームFXと変わらないのですが、H2Oスチームユニオンになって大きく3つの点で変わった点があります。

 

 

まず1つ目が「性能の向上」。H2OスチームFXは起動し始めや水の量が少なくなってくると安定した噴射ができないところがありましたが、H2Oスチームユニオンになって安定した噴射ができるようになりました。また、チャイルドロックがついたなどより安全に使えるように性能が向上しています。

 

 

2つ目が「スペックの変化」。旧モデルは本体にそのまま水を入れていたので、シンクによっては水が入れにくかったり、容量も少なかったのですが、H2Oスチームユニオンに進化して本体と水を入れる容器が分かれたので、水は入れやすくなり容量も倍近く増えたので何度も水を汲み直す必要がなくなりました。

 

 

3つ目が「アタッチメントの豊富さ」。アタッチメントが増えたため、これまででは掃除できなかった場所も掃除することができるようになりました。組み合わせ次第で30パターンの使い方が可能になっています。

 

 

「性能」「スペック」「アタッチメント」の3つがH2OスチームユニオンとH2OスチームFXが大きく変わった違いになります。この変化によって使い勝手はさらに良くなりましたし、これまで通りコンパクトなサイズは変わっていないので、収納するのも邪魔になりませんし、使いたいときにサッと取り出して使うことが可能になっていますよ。

 

H2OスチームFXと比較するとH2Oスチームユニオンはいろんな面で進化していることがわかりますし、それは実際に使ってみるとより顕著にわかります。

 

それを一番感じるのはスチームの安定性。

 

H2OスチームFXは水の量が少なくなってくるにつれてスチームが出ないことがあり、安定したスチームを噴射してくれないという不満点があったのですね。

 

けれども、H2Oスチームユニオンになったことでその不満をばっちり解消することができるようになったので、使っていて気分がとてもいいです。この違いはH2OスチームFXとH2Oスチームユニオンの口コミを比べてみてもよくわかります。

 

 

 

価格に関しても特別価格で購入すればH2OスチームFXの定価よりも安く手に入れることができますし、どっちを選んだらいいのかで迷っているのなら、迷わずH2Oスチームユニオンを選ぶことをおすすめします。

 

しっかりと進化していますし、もともと販売実績のあるスチームクリーナーシリーズですから、安心して使うことができるでしょう。

 

さらに言えば、H2Oスチームユニオンは今だけ特別価格で手に入れることができ、定価よりも1万円OFFで手に入れることができます。H2Oスチームユニオンの定価は22,800円となっていますが、今なら12,800円で手に入れることができますからこのチャンスを逃さないようにしてくださいね!

 

>>H2Oスチームユニオンを特別価格で手に入れる方はコチラのページへ!

page top