H2Oスチームユニオン 壁紙

H2Oスチームユニオンで壁紙掃除をするのは向いていない?

H2Oスチームユニオン 壁紙

 

H2Oスチームユニオンのようなスチームクリーナーを使いたいと思っている方の中で意外と多いのが「壁紙の汚れを掃除したい!」という方。子供の落書きだったり、たばこのヤニだったり、普段意識して掃除することがない場所なので、意外と汚れが溜まってしまいますし、壁紙の素材によってはホコリが付きやすいですから、確かにニーズが高いのは納得かもしれません。

 

ところで、H2Oスチームユニオンは壁紙掃除をするのに向いていないと言われているようですが、実際のところはどうなのでしょうか。これに関しては「スチームクリーナー自体が壁紙の掃除には向いていない」というのが一般的に言われていることです。

 

壁紙は名前の通り「紙」なので、紙は水に弱い素材のものが多いです。なので、高温でスチームするH2Oスチームユニオンはあまりおすすめできないところはあるのですね。

 

賃貸マンションやアパートに住んでいて、退去する前に壁紙のヤニ汚れを落とそうと思ってスチームクリーナーを使ったら、返って汚れが目立ってしまったり、壁紙を破いてしまったなんてことも考えられるので、もし、スチームクリーナーを使うのであるならまずは壁紙の素材をしっかりと確認しておく必要があります。

 

素材によっては全く使えないということもありません。そこで、自分の壁紙がスチームに強いものなのかを確認する簡単なチェック方法を紹介しますね。

スチームクリーナーに強い壁紙かのチェック方法!

自宅の壁紙がスチームクリーナーに強い素材なのかを確認する簡単な方法としては「水分を含ませた熱いタオルで一度壁を拭いてみる」ことです。

 

水分と熱に強い素材かどうかを確かめる必要があるので、水分を含ませたタオルと電子レンジで温めるか、鍋で熱した熱々のタオルを壁紙の目立たない部分を拭いてみて、特に問題なさそうであれば使ってみるといいかもしれません。

 

このテストの段階で壁紙が傷んでしまう危険性もあるので、リスクはありますし、あくまでも自己責任にはなりますが、試せるかどうかの確認をしないとスチームクリーナーを使うことは難しいので試してみないとわからない部分はありますね。

 

H2Oスチームユニオンは他のスチームクリーナーと違ってアクセサリーパーツが豊富なので、付属のパッドを取り付ければ熱々のタオルで掃除するのと似たような使い方ができるので、H2Oスチームユニオンが全く壁紙に使えないということもないのですよね。

 

ただ、向いていないのは確かなので、初めて使用するときはより慎重に使って欲しいですし、できるだけ汚れないように工夫をするのが大事です。

 

たばこは部屋の中で吸わない方がいいですし、子供が壁に落書きしないようにしっかり伝えておいたり、予防が一番の対策になりますから、もし今後引越しをしたり、壁紙を張り替えたりするようなことがあれば、その点は忘れないようにしておきたいですね。

 

ちなみに、H2Oスチームユニオンの口コミを見ても、壁紙に使用している方はやっぱり少なかったですね。でも、キッチン周りやベランダ、お風呂場など活躍してくれる場所は多かったですから、使ってみる価値はあると思いますよ。

page top