ぬいぐるみ 洗濯機 洗う

ぬいぐるみを洗濯機で洗うのはなぜダメなのか?

ぬいぐるみ 洗濯機

 

ぬいぐるみは肌身離さず持っていたり、ベッドに置いていて毎日一緒に寝ている人もいますよね。これは子供に限らず大人になってもそうかもしれません。

 

でも、ぬいぐるみも何もしなければ汚れますし、目に見えなくてもダニやホコリがついていますから、定期的にキレイにしなければなりません。ぬいぐるみをキレイにするには洗濯機ではなくスチームクリーナーがおすすめなのですが、どうして洗濯機で洗うのはダメなのでしょうか。

 

これは実際に洗ってみるとわかります。私も過去にやったことがあるのですが、ぬいぐるみを洗濯機で洗うと汚れは落ちますし、柔軟剤の香りで良い感じに仕上がります。ただ、全然乾きません!

 

ぬいぐるみのサイズにもよると思いますが、抱き枕くらいの大きさのぬいぐるみは半日かかっても浴室乾燥では乾きませんでした。さらに乾いたと思ったら若干の生乾きのニオイもしましたし、肌ざわりも若干落ちてしまって大失敗しました。

 

乾燥機を使えば臭いに関しては対策できるかもしれませんが、肌触りに関しては保証できません。なので、ぬいぐるみは洗濯機で洗わない方がいいですよ。

 

一時的には汚れが落ちていい感じにはなりますが、ぬいぐるみを洗濯すると中身に水分が浸透してしまってが全然乾かないので、あまりおすすめはしませんね。

 

ドライコースには注意!

洗濯機でぬいぐるみを洗えるという声もありますし、中にはドライ洗濯すれば大丈夫ということも言われています。ただドライ洗濯には注意点があります。それは家庭用洗濯機のドライコースとドライ洗濯は違うということ。

 

家庭用の洗濯機にはドライコースというモードもあるメーカーもありますが、あれは他のメーカーで言うところの「ソフトコース」や「手洗いモード」と同じです。つまり生地を傷めないように丁寧に洗いたい衣類を洗濯するときに使うもので、クリーニング店が行っているドライ洗濯とは違います。

 

クリーニング店のドライ洗濯は水ではなく石油系有機溶剤ですから、皮脂やメイクなどの油汚れを落とすのに適しているときに有効なので、ぬいぐるみの汚れ状態によっては意味がないということもあります。

 

つまり、ぬいぐるみを洗濯するのはやっぱり向いていないのですね。

スチームクリーナーでお手入れするのがベスト!

ぬいぐるみは洗濯機で洗うのに向いていない理由はわかりましたが、じゃあどうやってキレイにしたらいいのかというとスチームクリーナーがおすすめです。

 

スチームクリーナーは高温高圧の蒸気で汚れを落とすものですが、商品によってはキッチンやお風呂場だけでなく布製品を掃除することもできるのですね。例えばこのサイトでも紹介しているH2Oスチームユニオンは付属のアクセサリーパーツに衣類生地用パッドがあるので、水浸しになることがなく拭き上げることができますよ。

 

H2Oスチームユニオンの除菌消臭率は99%となっているので、ぬいぐるみを清潔に保つことができますし、何よりも手軽に掃除することができるので面倒くさくありません。ですから、洗濯できないぬいぐるみをキレイにするのに向いているのですね。

 

もちろん、クリーニングが終わったらしっかりと乾燥させる必要はありますが、中身の中心部分まで水が浸透しているわけではありませんから、洗濯機で洗ったときよりも早く乾きますよ。生乾きのニオイの原因は乾くまでの時間が長いことで起こりますから、その心配もありませんね。

 

ぬいぐるみ以外にも子供や赤ちゃんが使うおもちゃだったり、洗剤で洗うのが不安なアイテムに安心して使えるのがH2Oスチームユニオンですから、一台持っておくと安心感がありますよ。

page top